ウェブを使ったシフト管理システム

ウェブを使ったシフト管理システムは、様々なメリットがります。
まず、管理者はウェブ上で従業員のシフトを振り分けて、シフトスケジュールを作成しましょう。
そして従業員は、個々に割り当てられたIDとパスワードを使ってウェブサイトの自分のページにログインし、自分のスケジュールを確認します。
ウェブのシフト管理があれば、従業員はウェブ上で希望の休みや勤務時間を申請することもできます。
出退勤の打刻方法は、3種類あります。
まず、タイムレコーダーで打刻したデータをパソコンで入力する方法です。
また、従業員自ら携帯電話やスマートフォンを利用して、ウェブ上で報告する方法です。
そして、タイムレコーダーと連携することで、自動的にウェブのシフト管理システムに反映させる方法です。
料金は従業員の人数によって異なる場合と、月々定額の場合があります。
タイムレコーダーを利用しなければ、ウェブサービスのシステム料だけで済みます。
パソコンにインストールする必要もないので、そんなにパソコンに詳しく無い人でも簡単に導入することができますね。
会社のネット環境が整っている必要もありますが、従業員も携帯電話やスマートフォン、もしくはネットに繋がったパソコンが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です