エクセルを活用したシフト管理

「エクセルは表計算ソフトですが、今時どこの会社のパソコンにも入っていると言っていいぐらい、広く普及しています。
エクセルを活用すれば、シフト管理にも役立ちます。
エクセルでシフト管理をするメリットは、導入コストがほとんどかからないことです。
もともとエクセルをインストールしているパソコンがあるなら、まったくコストはいらないですね。
エクセルが得意な従業員がいるなら、一から創り上げることもできます。
しかし、従業員のシフト管理は、意外と複雑です。
例えば朝9時出社で18時退社、間に1時間の休憩を挟んだら8時間です。
通常勤務なら時給にそのまま8時間を掛けるだけなので、簡単ですね。
実際の勤務の場合、予定通りにはいきません。
時には残業することもあるでしょうし、休日出勤、有給となると、計算の仕方も変わってきます。
労働時間もオーバーしてしまわないように管理しなくてはいけないので、一からエクセルでシフト管理表を作成しようと思うと、結構面倒です。
もしエクセルを活用したいけど、一から作成するのが面倒という人は、フリーのテンプレートを利用すると良いでしょう。
エクセルのフリーテンプレートはマイクロソフト社でも公開しています。
他にもネットではフリーソフトがあるので、必要な機能が備わっているものがあれば、導入してみるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です